いろとり撮り、ひととり撮り

滋賀県在住の写真好きが綴る、もろもろの雑記帳。

サブスクに魂売って、Pioneer X-HM76を手放した理由を今更書くよ。

パイオニア Pioneer X-HM76 ネットワークCDレシーバー Bluetooth/ハイレゾ対応 シルバー X-HM76(S)  【国内正規品】

パイオニア Pioneer X-HM76 ネットワークCDレシーバー Bluetooth/ハイレゾ対応 シルバー X-HM76(S) 【国内正規品】

 

今まで書いた記事の中で断トツ人気のHM76関連記事。

こんなに愛される機種だったのかと、今になって思う次第です。

 

実は私は手放してしまったうえ、オーディオシステム自体も規模縮小しました。

DaphileもVolumioももう使っていません。

やはりそこは、Amazon Music UnlimitedおよびHDの存在が大きいです。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、HM76自体はAmazon Music 対応機種でした。
しかし操作性が非常に悪く、単体運用は断念せざるを得ず。

その後外部システムをつけていくと、だんだんHM76である必要がなくなってきたんですよね。

そうしてHM76は我が家から旅立っていきました。

 

そしてDaphile、VolumioはAmazon Music非対応。
ローカルライブラリにある曲の7割ぐらいがサブスクにある状況下で、生かしておくことができず。こちらも稼働終了しました。

ラズベリーパイすら売り払う始末。 

 

現在の構成は、

Amazon Music HDを出力するWin PC→Topping D10→スピーカーシステム

 

 

もちろん現時点で満足の行く構成とは言えません。
Amazon Music HDにも改善の余地はあります。ASIO効かないし。

でもUIもモバイル機器との相性も、今の自分には十分なんです。

狭いジャンルのレンタルに月3000円使ってた人間が、月1780円で色んな音楽に浸るようになった。

そういう点で音楽的見識はかなり広まったんですよね…

 

つまるところ、

 

Amazon Music HDに魂売りました。

  

今後はサブスクをどうやったら高音質で聞けるかの研究に移りたいと思います。

 

 この辺ほしいな。