いろとり撮り、ひととり撮り

滋賀県在住の写真好きが綴る、写真ネタが90%のブログ。あとの10%は気まぐれ。

【妄想】PENTAXの超望遠DC駆動レンズがでてほしい話。

f:id:irotori_h:20150614234852j:plain

写真は庄堺公園でとったバラですが、今回は全く無関係のお話。

 

ペンタックスには、レンズ内モーター搭載の超望遠(換算300mm超)レンズが1機種しか存在しません。それもスターレンズ…(☆60-250/4)

PENTAX スターレンズ 望遠ズームレンズ DA★60-250mmF4ED [IF] SDM Kマウント APS-Cサイズ 21750

ですので、いまはコスパ優先でSIGMAのAPO70-300/4-5.6を利用しています。こちらはボディ駆動ですのでギーコギーコいいます・・・

純正のHD55-300/4-5.8(こちらもギーコギーコ)もあるのですが、AFがシグマのほうが速いという話を聞き、購入には至っていません。

ギーコ音、結構目立つんですよね…。 

PENTAXの標準ズームレンズは順次DC化が進みなかなか充実したラインナップに。廉価機の標準ズームレンズキットもも18-50REの登場で置き換えが完了。だから次は廉価帯望遠ズームをDC化して欲しいのです。

 

以下、妄想。

  • フルサイズが出ることを考えると…HD DFA70-300/4-5.6DC WRなんていうレンズが出そう。これならAPS-Cユーザーにも恩恵がある。
  • 価格は高くとも5万までで。
  • AFは速いほうがいい。

他社はほぼレンズ内モーター搭載であることを考えると、各種レンズのDC化は急務ではないかと考えるのですがフルサイズ機の登場で一気に進むのか?気になるところです。

ただ、フルサイズ機は上級機種として登場すると考えられており、対応レンズも高級路線の可能性も否めず・・・

 

リコーさん頼んます、どうか、俺の妄想を叶えてくだせえ・・・

 

以上、ひとりごとでした。