いろとり撮り、ひととり撮り

滋賀県在住の写真好きが綴る、写真ネタが90%のブログ。あとの10%は気まぐれ。

僕がミラーレスの利点だと思っていること。(明るさのイメージ)

f:id:irotori_h:20150505110444j:plain

3年ぶりにミラーレスを使うようになって、思った利点の話をしたいと思います。

(あくまで私感ですので間違いなどあればご容赦ください)

 

その利点とは、実際の写真の露出がEVFやモニターで見えるので露出補正してイメージ通りの写真が得やすいこと。

 

一眼レフの光学ビューファインダー(OVF)で見える像の明るさはその場の実際の明るさそのもの。なので撮った時の写真の印象とは異なります。(センサーが出力する像とは違うのです。)

 

対してEVFやモニターに出力されるのは実際にセンサーにどう像が写っているか。

(正確には絞り開放で同じ露出=明るさの映像)

シャッターを押して出てくる写真がイメージしやすく、コントロールもしやすいです。

この点に関しては、初心者の人にとってはミラーレス機のほうが直感的でわかりやすいのではないのかなと思います。

 

特に2ダイアルのE-M10では露出補正が直感的にできるので、余計にこの利点を感じました。

 

もし、的外れだったら、ごめんなさい・・・。